top of page

ロイヤル・ピン|第十四章 調査【限定公開】



第十四章

調査


「私はそれ以上に想っているの……」


 心地良いその声色は、ピンの耳元を山彦のように何度も反復する。

 ピンの手は未だにアニン王女の頬に触れたままでいる。その手を覆うように、アニン王女の手が優しく添えられる。

 頭では自身の手をそこから引き抜くように指示を出す。しかし、心は頭とは裏腹に、目の前にいる人から優しく触れられたその温もりを欲していた。

 そして、身体は力なく崩れるようで、どうやら頭の指示よりも、心の影響の方が大きいようだ。

 それ故、ピンの小さな手は理性に従わず、まだ誰かしらの手に包まれていた。


「それ以上とは、何なのですか」


 ピンはアニン王女にもっともっと身を寄せていく。互いの息遣いが聞こえてしまうほどの距離感に。丸く茶色の瞳で、自身のことは沈黙を貫きながら、自分を見つめ続ける相手の濃いの眼を見つめ返し、真剣な様相で尋ねる。


「うーんと」


「私のことを、それ以上に……とはいったいどういうことなのですか」


 その問いの後、またしばらくの沈黙が流れた。アニン王女は唾をゴクッと飲み込み、すぐに消えてしまいそうな声量で答える。


記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Commentaires

Les commentaires n'ont pas pu être chargés.
Il semble qu'un problème technique est survenu. Veuillez essayer de vous reconnecter ou d'actualiser la page.
bottom of page