top of page

GAPピンクセオリー|第十章 フェア【限定公開】


第十章 フェア


 なんで自分が、こんな恥ずかしそうに顔を逸らしているのか分からない。私のことを見て、悪友三人組は一層笑みを深くした。でも、サムさん本人は何も分かっていないままみたい。

「お寿司はまだ来ないの? 海底までウニを探しに行ったのかしら」

「気が短すぎるよ、モイ。色々頼んだから、ちょっと待ってなさい」ケードさんが落ち着かせようとすると、サムさんは首を横に振って私のことを見た。

「お腹空いた?」


「大丈夫です」


 その話をしてからすぐに、店員さんは料理を運んできた。テーブルには、色とりどりで美味しそうな食べ物がいっぱい並んでいる。お姉さんたちは、携帯を取り出して写真を撮り、すぐにSNSへ投稿し始めた。サムさん一人を除いて。

「サムさんは写真を撮らないんですか?」

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page