top of page

GAPピンクセオリー|第七章 お願い【限定公開】




第七章 お願い


 サムさんと一緒に、あの大衆食堂のティでイエンタフォー*を食べている。なんでこんなことに……?

 確かに昼休み中、ご飯を食べに行く約束をしたけど。忘れたふりをして、家に帰る準備をしていた。すると、サムさんは私が何を考えているのかわかったみたいで、こんなメッセージを送ってきた。


「車で会おう」


 それから今日は、何百万バーツもする高級車に乗った。そう、この前バスの中でノップとかっこいいねって話をした、サムさんのあの車に。お店に着くまでの間、サムさんに話しかけてみたけど、あまり上手くいかなかった。本当に分かりづらい人だ。

「サムさん」

 美しいその人は、目の前のイエンタフォーから目を離し、綺麗な茶色の瞳で私を見つめた。

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Kommentare

Kommentare konnten nicht geladen werden
Es gab ein technisches Problem. Verbinde dich erneut oder aktualisiere die Seite.
bottom of page