top of page

GAPピンクセオリー|第九章 悪友【限定公開】



第九章  悪友


 オレンジの光に包まれながら、お互いに見つめあっていた。サムさんとの距離は十センチもない。心臓がいつもより速く、一六〇キロ以上のスピードで、加速しているような気がする。眩暈がしてきた。私に跨っているその人は、薄い茶色の瞳で私を長い間見つめてくる……なんだか真夏のアイスのように溶けちゃいそう。

「あんた、眠いの?」

「は……はい」

「めやにがついているわ」


「本当ですか!?」 恥ずかしくて、素早く自分の目を拭った。サムさんは立ち上がって、ベッドに戻り、私に背中を向けたまま、隣で寝始めようとした。

「何もついてないみたいです。あっ、サムさんの冗談ですか?」

「冗談なんかじゃない」

「冗談ですよね!?」

「意味が分からない。もう寝ましょう。おやすみなさい」


記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page