top of page

ロイヤル・ピン|第三章 祭り【限定公開】



第三章

祭り


「今晩、パッタミカ叔母様は本当にいないのよね」


 パッタミカ王女は今宵、郊外へご友人の葬儀に本当に行かれているのかと、アニン王女は再びプリックに確認する。


「身を粉にして言わなくても、確実にそうですよ」プリックは口角をあげ、次のように続ける。「宮殿に戻られるのは、恐らく夜更けになると思います」


「そんなに笑って、何を企んでいるのですか、王女様」ピンは、身構えながらアニン王女に声をかけた。


「今夜、この宮殿の裏手でお祭りをやってるのよー、ピンさん」煌めきを発するアニン王女の目はどんな言葉にも引けを取らない。「私はピンさんをそのお祭りに連れて行きたいなって思ってるの」


 恐怖からピンは目を丸くする。

 彼女が……果たして日が暮れた時間に出ていこうとするだろうか。

 忍び出るようにお祭りに行く事なんて、以ての外だ。

 夜の帳が落ちた後に宮殿から出ていくだなんて、想像をするだけでも恐ろしいというのに。


「私は行けません。危ないと思うわ」

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page