top of page

ロイヤル・ピン|第一章 紫蒲桃の大樹【限定公開】



第一章

紫蒲桃の大樹


 女の子にしては背が高い、長躯な少女が紫蒲桃の大樹の太い枝を登っている。この時候になると、木々の葉を覆うように、赤や紫、はたまた黒にも見える紫色の実が沢山顔を出す。少女は慣れ親しんだ様に見える身のこなしで、枝から枝へ軽々と行き来をしていた。

 木々の下には、色彩が強い縞模様のパトゥン*のスカートを広げて上から落とされる木の実を受け止める、日焼けした肌のふくよかな少女もいた。パトゥンが一杯になると、そばにある土に実を振り落とし、何も残ってないパトゥンを張り、また実を受け止める用意をする。そんなことを疲れを覚えるまで繰り返していた。


「もう終わりにしましょう、王女様」


 木陰に立ちながら、上から放り投げられる実を受け止める大事な役目を担う少女、プリックは、まるでこの刹那に木々の実を全てもぎ取るかの様にしているアニンラパット・サウェタワリット王女に告げる。


「もう降りてきて下さい。誰かに見られてしまうかもしれません」


「私はまだまだ物足りないのよ、プリック。そもそも誰にも見られないわよ」


 元気で甲高い声と共に、大きく真っ赤な木の実の束が雨のように降ってきた。


 「誰もいないなんて、あちらです! プラチョム様がもうそこまで来ています。」


 プリックは、プラチョム様の名前を挙げざるを得なかった。プラチョム様は太子様の右腕として頼られるほど信頼を置かれている存在だ。サウェタワリット宮の秩序を保ち、安全を管理しながら、宮殿内の全ての使用人にいかなる処置を執ることも出来る権限を持っている。

 巨人とも思える大きな体格で、こんがりと焼け、荒れた肌、黒ひげに覆われる口元ーープラチョム様に恐怖を覚えずにはいられない。

 そして、使用人だけが恐れるのではない。

 ここにいるおてんば王女でさえも、天敵だと思わずにはいられないほどである。


「アニン王女、早く降りてきて下さい。プラチョム様がこちらに近づいてきております」口元に手を添えながら声をあげ、王女を呼び続ける。


 ドン!!!

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page