top of page

ギャップ・ピンクセオリー|第四十四章 別れ【限定公開】




第四十四章 別れ


「ティーは給料をいくら出すのかしら」 

 

「二万バーツです。本採用になれば、二千バーツ上がります」 

 

「うちの会社のときより多いね。でも、あんたはあたしの恋人なんだから、もっと高く払うべきだわ」 

 

 サムさんはテレビを見ながら、ペラペラと喋っている。甘い顔のその人は、まだ結婚のことを話してくれない。私も特に問いただすようなことはしないけれど、胸の内で期待している……サムさんが私に何か教えてくれるんじゃないかって……。 

 

「どうかした? 今日、あんたぼーっとしているわね」 

 

「そうですか?」 

 

「うん、なんか気が抜けているみたい」 

 

「ちょっと考えることがあって」 

 

「仕事のことでしょ? そんなにストレスなんだったら、行かなくていいじゃん。家にいていいわ。あたしが養ってあげる」 

 

「私はいつまで、この家にいられるのかな」私の目は、まだテレビから離れていない。でも、サムさんは、私の方へチラッと目線を動かした。もちろん……私は目の端でその様子に気がついている。 

 

「好きなだけ長く居ていいのよ」 

 

「もし、いつかサムさんに家族ができたら?」 

 

「あんたは、あたしの家族だよ」 

 

 そう聞くと、私の心臓はドキドキと走り出す。そう話した人へ、私は目を合わせた。サムさんの行動は、全然ロマンチックじゃない。でも、思いもよらない言葉を聞いて、もう気持ちがよくなっちゃった。 

 

「そう言ってもらえて、幸せです」少し顔を傾けて、その人のほっぺたに優しくキスをした。でも、サムさんはそれだけじゃ足りなかったみたい。勝ち気なその人は、両手で私の顔を押さえて、もっと貪ろうと口付けた。「私は、軽いキスをしただけなのに」 

 

「キスは全ての始まりだわ」 

 

「本当に、サムさんってそういうことが好きですよね」 

 

「二階に行こう」 

 

 私は少し鼻に噛み付いて、すぐ答えた。 

 

「はい」 

 

「あんたも好きでしょ?」 

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page