top of page

ギャップ・ピンクセオリー|第四十一章 違い【限定公開】




第四十一章 違い


 私は背筋をピンとさせて、クッションを膝の上に置くようなフリをした。でも、本当は、下着を着けていないこの胸を隠すため。年齢よりも、見た目がずっと若いサムさんのおばあ様は、一言も喋らない。おそらく、家の雰囲気に浸っているらしい。 

 

「あたしはね。ここへ来たのは初めてだわ」 

 

「あたし」という聞き慣れた言葉は、あの人を思い出させた。頭に浮かんだその人のお陰で、自然と僅かに笑顔が漏れる。サムさんがそう自分のことを呼んでいたのは、多分おばあ様から影響を受けているんだろうな。 

 

「あなたはよく来ているの?」 

 

「は、はい……」 

 

「うーん……」おばあ様は喉元で小さく返事をした。そして、水を一口飲む。「上手くやったわね。サムの世界に入り込むなんて」 

 

 なんと返していいか分からない。サムさんとお姉さん達から聞いたおばあ様の話は、いつも威張っていて、メイドのことを奴隷と呼んでいる、って聞いていたのに。そんな人だから、サムさんは自分らしくいられなくなって、言葉と心が一致しない人になったって……。でもこうして本人に会ってみると、意外にも話しやすい人のように思える。 

 

「あんたをモンって呼んでもいいわよね?」 

 

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Komentarze

Nie można załadować komentarzy
Wygląda na to, że wystąpił problem techniczny. Spróbuj ponownie połączyć lub odświeżyć stronę.
bottom of page