top of page

ギャップ・ピンクセオリー|第三十八章 公表【限定公開】




第三十八章 公表


 あの後、私は一人きりでヴィラへ帰ってきた。家の前には九官鳥と話しているエンエイさんがいて、私に何か疑問を感じたように挨拶してきた。 

 

「何か忘れ物ですか?」 

 

「いいえ、何も。ちょっと目眩がしたので、サムさんに一人で市場へ散歩に行ってもらったんです」 

 

 元気が無さそうな私の様子を見て、話しかけたその人は少しだけ眉を持ち上げた。 

 

「どうしたんですか? 何か辛そうに見えます。ここまで遊ぶために来たんでしょう?」 

 

「あのう……」なんと答えたらいいのか全然分からなくって、他の場所を見ていた。すると、まだサムさんの黄色い愛車の周りを、グルグルと回っているゲンロンさんが目に入ってきた。「ゲンロンさんは、ドゥアン・ペンさんに興味津々なんですね」 

 

「ドゥアン・ペンさん?」 

 

「車の名前です。サムさんはドゥアン・ペンという名前と、スウイ・イェン・ヘン・アラームという名字をつけたんです」 

 

「素敵ですね。名字まであるなんて」 

 

 エンエイさんはクスクスと笑っていた。ドゥアン・ペン=スウイ・イェン・ヘン・アラームさんという名前を伝えた私は、名前を決めたあの人への愛おしさが湧きあがってきて、一緒に笑ってしまった。 

 

「ゲンロンが、実は、ドゥアン・ペンさんが好きって、そう言った方が正しいかもしれませんね。そうじゃなかったら、あんなに車の周りでウロウロしないと思います。昨日の事……いつもああなんです。自分よりお金やいい物を持っている人がいたら、いつもその人に嫌味を言うタイプで」エンエイさんは頭を少し振ってから頬を緩めて笑った。「新車を買ってあげないといけないのかな。これ、おいくらですか?」 

 

「分かりません。でも確かに値段はかなり高いそうです」 

 

 ヴィラのオーナーは考え込みながら、その黄色の車を見つめた。本当に買いそうな勢い。悩んでいる様子の華奢な人を見て、私は驚いた。 

 

「本当に買うんですか?」 

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page