top of page

GAPピンクセオリー|第二十四章 決めたこと【限定公開】




第二十四章 決めたこと  


 動かずにただ、黙ってサムさんを見ていた。身体の奥ではまだ痛みが疼いて、震えてしまう。

 遂に、この日が来た……サムさんが私に対してどう思っているのか、本当の気持ちを見せてくれた。他の人にとっての「好き」は、そのままの意味。死ぬほど恋焦がれるような感じなのかもしれない。でも、サムさんの場合は紐解かないといけない方程式と同じ。だから……。

 好き=嫌い

 あんたが好きよ。ちゃんと聞いてた?あたしはあんたのことが好き!

 つまり、本当の意味は……

 あんたが嫌いよ。ちゃんと聞いてた?あたしはあんたのことが嫌い!


 耐え難い痛みに、涙が溢れた。サムさんに気づかれないように手で顔を隠した方がいいのか、もしくは手の甲で流れてくる涙を拭うべきなのか……何がいいのか順番さえも分からない。それからまた気がついた。私が守らなきゃいけないプライドなんて、もう無いんだってことに。

「うぅ……私、よく……よく分かりました……!」

「モン!」

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page