top of page

GAPピンクセオリー|第二十一章 理由【限定公開】



第二十一章 理由


 私達はお互いに、相手を見つめ合った。サムさんの薄茶色の瞳が、私を捉えて離さない。心臓は服から飛び出してしまいそうな勢いで、バクバクと激しく動いている。

「本当ですか? 本当になんでもいいんですか?」

「うん。あんたが期待してること、なんでもしてあげる」

「なら……」私はそのまま長い時間、黙り込んだ。それから、ようやく答えた。「サムさんにワンって鳴いて欲しいです」

「ん?」

「犬になって欲しいです」

 

 さっきも静かだったはず。なのに、その場はもっと静寂に包まれた。サムさんは意味が分からないというように少し眉間に皺を寄せた。

「なんで犬なの?」

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Komentarze

Nie można załadować komentarzy
Wygląda na to, że wystąpił problem techniczny. Spróbuj ponownie połączyć lub odświeżyć stronę.
bottom of page