top of page

GAPピンクセオリー|第十八章 気持ち【限定公開】



第十八章 気持ち


「説明しなさい」

「何をですか?」

「怒った理由を」

 今日も、いつもと同じくサムさんの家にお泊まりしている。二人で人気の歌番組を見ていた。勝った人は何を貰うのか分かっていないけど、面白い。最近では、もう両親に許可の電話することも無くなった。言わなくても今日私が誰の家に泊まっているのかを、きっと分かっているから。それに、両親二人にとっても、娘が朝早く起きて仕事に行くとか、帰りが夜遅くになっちゃうとか、そんなことがなくて、より安心なんだと思う。

「怒ってなんていませんでした」口をへの字に曲げながら、そう言った。けど、そんな風に言い返すなんて、自分でも思ってなかった。「私はただ……」


「ただ……」

「ただ……」

「ただ……」自分に起きていたことをなんて言ったらいいか必死に考えていた。そしてため息をついた。「ただ、サムさんがジムさんの頬にキスをしたって知って、イライラしただけです。くだらないですね」

「うん。そうだね」

 簡単に納得してしまうその人に、チラッと怒りの目線を向けた。こういう時は、サムさんが割り込んできて、それはくだらないことじゃないよって否定するところでしょう?

 まぁ、本当にくだらない話なんだけど。

「なんとなく分かるから。あたしもそうなった」

「え?」

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page