top of page

GAPピンクセオリー|第十六章 内緒の話【限定公開】



第十六章 内緒の話


 目の前のその人は、まだ私の唇を噛んでいる。同じく、私も全く動くつもりがない。

 ……

 ….…

 鳥が飛んでいく音が聞こえる。

「もごもご」

「ん?」

 唇はまだ相手の口に含まれているから、うまく喋れなかった。このボスは変なことをして楽しんでいるなぁ。

「おんあ、うっおおうあいあうあ?(今夜は、ずっとこうしていますか?)」

 目を開いて、飽きもせず、まだ私の唇を含み続けるその人を見つめた。その美しい人はちょっと私に視線を合わせて、ゆっくりと唇を離した。サムさんの唾液が、今私の唇を満たしている。

「あんたの唇、口に含みたい」

「噛みたいんじゃなかったんですか?」

「噛むとあんたが痛いでしょ? 口に含んだ方がいいと思うの」

「どっちも構いませんが、私がサムさんの鼻を噛んだのは数秒だけです。でも、サムさんは私を噛んでから、長い時間そのままでいましたね」

「時間を数える必要あるのかしら……ほんのちょっと触れただけなのに、うるさいなぁ」サムさんは頬を膨らませた。「でも、あんたの唇は小さいね」

「私の口が可愛いって、ノップも言ってました」

 サムさんは一瞬、黙って何も言わなかった。それから、すぐに私に背中を見せた。

「寝る」

「私、何か良くないこと言いましたか?」

「いいえ」

「ノップの話は嫌ですか?」

「……」

「どうしてですか?」

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page