top of page

GAPピンクセオリー|第十七章 小指【限定公開】



第十七章 小指


 時が止まったかのように、ただ静けさだけが流れている。ケードさんは私とサムさんを交互に見てから、一旦口を閉じた……。

「二人はキスしてたの?」

「いや! ただ唇を噛んでいただけよ」サムさんは慌ててそう言った。でも、そんなの全然ケードさんの耳には入ってない。サムさんはその様子を見て続けた「勝手に変なこと、考えないでよ」

「ねぇ、なぜ、私がケードって名付けられたか分かる?」

「なんで?」

「私にもわかんない!!! きゃああああああ! もういい、みんなに伝えないと! みんなにこの話を教えないと! 冥王星に届くほど大事にするわ。ラララ、ケードが知ると世界が知るわ。きゃああ!!」

「ケ……ケードさん……」

 捕まえようと手を出したけど、その姿はもう消えていた。サムさんは私の顔を見て、同じくどうしたらいいか分からないって、ただため息をついた。

「この世界に秘密はあり得ないってことだね」

「どうしましょうか……」

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page