top of page

GAPピンクセオリー|第十五章 戦い【限定公開】


第十五章 戦い


 これは戦い……。

 勝者は相手よりも可愛いくなれる!

 サムさんの冷凍庫から出て来て以降、時間を見つけるたびに必死でスタンプを送り続けている。まるで、相手よりもいっぱいスタンプを送った人が可愛い人みたい。それは、仕事が終わってからも続いていた。みんなはもう帰ったけど、私とサムさんは残って、まだスタンプ戦争を繰り広げている。

 そんなこんなで気がついたら、もうオフィスにいるのは私とその美人上司だけになっていた。

 モン:今気がつきましたが、もうすぐ八時ですね。また今度勝負しましょう。

 そう連絡して、自分の席の荷物を片付け、家に帰ろうとした。すると、サムさんは慌てた様子で急に部屋から現れて、咳込み始めた。

「ゲホゲホッ」

「……」

 お互いの目が合った瞬間に、冷凍庫でのあのゲームが頭によぎる。一瞬ポーッとしてしまった私は、周囲を確認するふりをして左右を見る事で誤魔化した。

「サムさんは、もう帰りますか?」

「そう。あんたも?」

「はい」

「もう遅いわ。こんな時間に帰ったら、何時に着くのかしら」


 私は腕時計を見て、計算してみた。

「十時頃ですね。渋滞に捕まらなければ、九時過ぎだと思います」

「なんでこんな遠いところで働きたいのかなぁ」

「なんでだと思いますか?」

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

ความคิดเห็น

ไม่สามารถโหลดความคิดเห็น
ดูเหมือนจะมีปัญหาทางเทคนิคบางอย่าง ลองเชื่อมต่ออีกครั้งหรือรีเฟรชหน้าเพจ
bottom of page