top of page

GAPピンクセオリー|第十二章 サイン【限定公開】


第十二章 サイン


 サムさんもティーさんも帰った。ノップと私は、サムさんが買ってきてくれたお土産のエビをかじっている。いや、ノップが一人で食べているって言った方が正しいかも。私はただぼんやりと座っていたから。まるで、心がどこか遠いところまで飛んで行ってしまったみたいに。

 私に「こらっ!めっ!」と言ってから、なんの説明もせずに車で走り去ったあの人の所まで……。

「サムさんの友達のイケメンと、仲良くしてるのか?」

 私は夢から目覚めたみたいに、質問したノップの方を見た。

「ティーさんのこと?」

「うん」

「そりゃ、サムさんの友達だからね。すごく仲良しとまでは言えないんだけど」


 ノップはエビから目線を外して、聞きたいことが失礼にならないか遠慮して迷っているようだった。それから自信なさげに喋り始めた。幼馴染なんだから、そんな気を遣う必要ないのに。

「そこまでじゃないなら……なんで一緒にいたんだ?」

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page