top of page

GAPピンクセオリー|第五章 仲直り【限定公開】




第五章 仲直り


 今日、私の目はコブミカン*みたいに腫れていた。今朝のことを思い出すと悔しくて悲しくて、一時から三時まで泣いていたから。遅刻するのが怖くて朝五時に起きてシャワーを浴び、出勤した。会社の先輩たちはゾンビみたいに生気がない私の様子を見て、昨日サムさんが冷凍庫に呼び出したことが原因ってすぐに思ったみたい。

「入ったばかりなのに、レディ・ボスに怒られたんだ。可哀想に」

 そんな言葉が聞こえてきたけど私は一言も返さず、ただ作り笑いで対応しながら、仕事を始めた。サムさんはいつも通り、始業時間ピッタリの出勤。でも、今日は何かがいつもと違う。

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page