top of page

GAPピンクセオリー|第四章 仲良し【限定公開】




第四章 仲良し


 私たちの間には、静けさが漂っていた。私は、ずっと昔に一度だけ会ったことがあるって話すかを悩んで、沈黙を貫いていた。きっとサムさんは、お母さんのことを覚えているはず。でも、側にいた小学四年生の私のことなんて忘れていて当たり前だ。


 どうしよう……。


 トラ……ここまで応援してくれたんだから、もう一度だけ私に力をください。そうしたらきっと、来世は素敵なところで過ごせるよ。サムさんに言うべきか言わないべきか教えて……?


記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page