top of page

ギャップ・ピンクセオリー|特別章 【限定公開】



大好き


 あたしとモンは、自分達のお付き合いを公表しないって決めている。それでも、何人かは知らないといけない。それは、モンを尊重するために、あたしが誠実さを見せることが必要だと思うから。どういうことかというと、つまりポーンおばさんに真実を伝えるってこと。 

 今、あたしとモン、ポーンおばさん、それからモンのお父さんが折り畳みの座卓で食事をしている。食事は家庭料理、でも「青い血の人は床で食べるべきじゃない」ってポーンおばさんは随分あたしに遠慮しているみたい。でも、その遠慮は新しい話題で一気に薄まったらしい。 


「あたし達、付き合っています」 

 

 テーブルを囲む全員が静かになった。壁掛け時計がチクタクと針を刻む音、耳の近くを飛び回る蚊の羽音、全員の呼吸音が交わされているのを感じる。それくらいこの場が沈黙で満ちているから。 

 

 なんでこんなにも静かなの……何か言ってほしい。そうしたら、対処ができるから。 

 

「うーん……」混乱して迷いながらモンのお父さんが最初に声を出した。「付き合っているっていうのは、恋人として付き合っている……ということで合っていますか?」 

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Yorumlar

Yorumlar Yüklenemedi
Teknik bir sorun oluştu. Yeniden bağlanmayı veya sayfayı yenilemeyi deneyin.
bottom of page