top of page

GAPピンクセオリー|第三十二章 仲直りの方法【限定公開】




第三十二章 仲直りの方法

 

 サムさんに、とても腹が立っている。怒りで、涙が頬を伝っていく。でも、声をあげて泣くことはしない。サムさんは、じっと私を見つめている。どうやら少し心が痛んだらしい。さっきよりも目から圧が抜けている。でもその美しい人は、プイッと他の場所を向いて、私を無視するような素振りを見せた。そっちがそういうつもりなら、もう何も説明したくない。ノップと一緒に帰ってやる。 

 でも、そう言いつつノップも私から冷たい態度をとられている。帰っている間も、ずっとノップに何も言わなかった。だって、サムさんをあんなに怒らせちゃったのは、彼が皮肉を言ったせいだと思っているから。近くに住んでいるその友達は、やってしまったことを後悔しているみたい。でも、まだ許してあげない。 

 恋人になってから、初めて本気の喧嘩をした。それにしても、こんなに激しくなっちゃうなんて。サムさんから侮辱された言葉を思い出して、ご飯は喉を通らないし、よく眠れなくなって、夜通し泣き続けていた。疲れ切ってどうしようもなかったから、仕事も丸一日休みをもらうことにした。この話は、あのお姉さん達の耳にもすぐに入ったらしく、ひっきりなしに連絡がきている。でも、私はまだ話せる準備ができていない。誰とも会話したくなくて、連絡を返せなかった。 

 

 誰にも相談できないよ、こんなこと。だってお姉さん達だってサムさんの友達だから。絶対に友達の味方をするでしょう……? 

 

 そんな中でも、一人だけ……私に電話を掛けてくる人がいた。 

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page