top of page

ギャップ・ピンクセオリー|サムのセオリー 第二話【限定公開】




「あんたが好き。あたしと付き合ってください」 

 仲良しグループの一員であるジムが今、あたしを社会学部がある校舎の屋上へ呼び出して、日本の少女漫画に出てくるみたいな学生のセーラー服で、モジモジと恥ずかしそうにしていた。あたしはそんな友達をチラッと見てから、手を伸ばし、おでこを強く叩いた。 

 バシッ! 

「痛っ! バカ! なんで殴るのよ!?」 

「さっきまで恥ずかしがってたのに」 

「だから、なんであんたは私を殴ったのよ!」 

「それで、告白? 何? バカなの?」 

「だってあたしはあんたが好きだから」ジムは自分のことを「あたし」と呼んだり、ちょっと畏まって「私」に変えたりしていた。そして、自分を可愛く見せるかのように、髪の毛を耳へとかけた。 

「あたしは、中学一年生の時から、ずっとあんたが好きよ」 

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comentários

Não foi possível carregar comentários
Parece que houve um problema técnico. Tente reconectar ou atualizar a página.
bottom of page