top of page

ギャップ・ピンクセオリー|第四十七章 選択肢【限定公開】




第四十七章 選択肢


 音沙汰がない……。 

 

 あれから、五日間が経った。でも、サムさんからの連絡は、一切ない。電話も、メッセージも、全て。私にできることは、ただ待っていること。それだけだから、泣くのをやめられなかった。心が落ち着かなくて、この悩みは新しい上司になったティーさんがいる会社へも連れていくことになった。私のその全ての様子は、ずっとティーさんの目に入ることとなり、最終的にそのイケメンな女性はもう我慢できないって、舞台にずっと登場していなかった、おバカなモイのゴシップルームで相談を持ちかけた。 

 

 ジム:喧嘩さえしていないのに、音信不通だって?病気に罹ったか、死にそうなくらいのことが起きたのかな? 

 

 ケード:もしかして、あの子の携帯がおばあ様に没収されちゃったんじゃない!? 

 

 ジム:クマみたいに大きくて、経営者にもなっているくせに、ババアに携帯を没収されるなんてこと、あるのかなぁ?そうしたら、もう仕事ができなくなっちゃうじゃん。 

 

 ティー:おばあ様は、いつもあいつのことを子どもみたいに扱ってるんだぞ。こんな大人になったっていうのに、恋愛のことすら邪魔するんだから。 

 

 ジム:奴のおばあ様は、昔から偉そうよ。自分の手で育ててきた孫が性同一性障害になったって、認めることができないのかしら? 

 

 ティー:おいジム、馬鹿野郎。頭をカチ割るぞ。 

 

 ジム:私はモイのおばあ様ならそういうことを言ってそうだね、って意味で話したのよ。別にお前のことじゃない。なんで余計なこと言ってきたの? 

 

 モン:今はただ、サムさんのことが心配です。なにか病気になっているのかも分からない。こんな風に連絡が取れなくなってしまうなんて……なんだか不安です。 

 

 ジム:あいつに会いに行けば?少なくともモイの奴、会社に出勤しているんでしょう? 

 

 モン:怖いです。 

 

 お姉さん達は、次に私が何を書くのか静かに待っているらしかった。でも、私はそれ以上何も書かなかった。 


 ケード:何か怖いことがあるの? 

記事の続きは…

thai-gl.com を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page